宇都宮大学 地域デザイン科学部
14/24

最先端の土木工学と建設技術を学び安全で持続可能な社会基盤・都市機能をデザインする社会基盤デザイン学科Department of Civil Engineering and Regional Design(定員40名) 人々の暮らしを支える社会基盤を多様な視点からデザイン・建設するために、従来の土木工学分野の基礎に加えて、コミュニティデザインや防災マネジメント、海外プロジェクトなど、学際的な分野と連携する力を磨くことが特色です。さらに、地域の課題や建設技術の現場を実際に体験することで、実践的な人間力を高めていきます。これにより、社会状況や地域住民の生活、自然環境を多角的に考慮して、実際の地域に応じた技術開発や施策提案を行い、国内外で活躍できる建設技術者を養成します。将来は、地域に根ざし、世界に羽ばたく土木技術者。将来は、地域に根ざし、世界に羽ばたく土木技術者。空港・港湾災害対策橋・トンネル道路・鉄道環境保全資源・エネルギー景観エコロジーモバイル・SNSライフライングローカルバリアフリーマネジメント地方創生防災ビッグデータフロンティア地下・海・宇宙国土・地域・都市自然環境交通・通信身につく力•自然科学をもとに社会基盤デザインの専門知識を理解できる•社会基盤整備のために多様な分野の技術を応用・開発できる•世界の動向をつかみ、グローバルに技術を展開できる•問題解決のために最適な社会基盤デザインを提案できる•社会基盤の整備や施策を着実にやり遂げることができる14

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る