宇都宮大学 入学案内 2022
116/118

池田 宰 Ikeda Tsukasa 東京都江戸川区生まれ。父親の実家は石川県羽咋市。東京大学工学部工業化学科卒業後、同大大学院修士課程在学中、恩師の異動に伴い、東京工業大学に教務職員として奉職。恩師の研究や学生指導の姿勢に感銘を受け、大学教員としての志を得た。同大生命理工学部助手、広島大学工学部助教授を経て、2002年に宇都宮大学工学部教授に着任。工学部長・工学研究科長、理事・副学長を経て、2021年より学長に就任。研究領域は、人工酵素の構築から微生物コミュニケーションの制御技術の病原性対策や環境浄化への応用といった、化学と生物の融合分野。生物有機化学、超分子化学、生物工学、環境微生物学と、所属先の異動とともに幅を広げていった。趣味は模型、アニメ、鉄道と、こちらも幅広く、特に、年少の頃から乗り続けている自転車は栃木県の環境のよさも手伝って、ストレス解消と体力維持も兼ねて楽しんでいる。趣味の世界を通じても、地域との共創を築いている。UU.Message学長からキミへ皆さんの前には、無限の未来が広がっています。未来への夢を抱いて大学の門を叩いた人も、大学で自分の未来を描こうとしている人も、自分の夢、自分の未来に向かって進んでください。未来に向かい、夢を実現するためには、様々な学びや出会い、社会との繋がりも必要になります。皆さんが、「文理複眼」という多様な視点や「社会との共創」という概念にふれ、いろいろな経験を積み、自らの夢、未来への道を進むことができるように、宇都宮大学は、さまざまな取組みや環境を用意しています。皆さんは、それらを遠慮なく、自由に活用し、社会へ羽ばたき、未来に向かって進んでください。宇都宮大学は、いつも皆さんとともにあり、皆さんを全力で応援します。宇都宮大学長

元のページ  ../index.html#116

このブックを見る