宇都宮大学 入学案内 2022
21/118

Utsunomiya University | Guide Book 2022[地域デザイン科学部]■トリサクティ大学|インドネシア[国際学部] ■国立曁南国際大学|台湾 ■慶大学校|大韓民国 ■タマサート大学|タイ ■イルクーツク国立言語大学|ロシア  ■斉斉哈尓(チチハル)大学|中華人民共和国  ■ダマスカス大学|シリア  ■華南農業大学|中華人民共和国  ■セントラル・ランカシャー大学|イギリス  ■国立台北大学|台湾  ■コリマ大学|メキシコ ■ハノイ大学|ベトナム ■トリア大学|ドイツ[工学部]■東華大学|中華人民共和国  ■龍華科技大学|台湾 ■遼寧科技大学|中華人民共和国  ■華東理工大学|中華人民共和国 ■東フィンランド大学|フィンランド ■浙江大学|中華人民共和国 ■ノアカリ科学技術大学|バングラディシュ ■上海交通大学|中華人民共和国[農学部]■キングモンクット工科大学トンブリー校|タイ  ■ブルサ工科大学|トルコ ■ランブンマンクラット大学|インドネシア ■カンボジア王立農業大学|カンボジア ■ラオス国立大学|ラオス ■ベトナム国家農業大学|ベトナム  ■モンゴル科学技術大学|モンゴル[東アジア]■浙江工業大学|中華人民共和国 ■復旦大学|中華人民共和国 ■電子科技大学|中華人民共和国 ■浙江大学|中華人民共和国 ■浙江師範大学|中華人民共和国 ■内蒙古農業大学|中華人民共和国 ■寧波大学|中華人民共和国 ■香港大学|中華人民共和国 ■国立台湾師範大学|台湾 ■国立政治大学|台湾 ■国立中興大学|台湾 ■祥明大学校|大韓民国 ■蓮庵大学|大韓民国 ■全北大学校|大韓民国 ■慶北大学校|大韓民国 ■モンゴル人文大学|モンゴル ■モンゴル生命科学大学|モンゴル[東南アジア]■カセサート大学|タイ ■ボゴール農科大学|インドネシア ■ダッカ大学|バングラデシュ ■アジア工科大学|タイ ■王立プノンペン大学|カンボジア ■ガジャマダ大学|インドネシア ■バジャジャラン大学|インドネシア ■サラワク大学|マレーシア ■ダナン科学技術大学|ベトナム[南アジア/アフリカ] ■ペラデニヤ大学|スリランカ ■ガーナ大学|ガーナ[ヨーロッパ]■エアランゲン・ニュールンベルク・フリートリッヒ・アレクサンダー大学|ドイツ ■パラツキー大学|チェコ ■オルレアン大学|フランス ■東フィンランド大学|フィンランド ■アイルランド国立大学ダブリン校|アイルランド共和国[北米/南米]■ノーザン・ブリティッシュ・コロンビア大学|カナダ ■ノースダコタ大学|アメリカ合衆国 ■トライン大学|アメリカ合衆国 ■ヴィンセンス大学|アメリカ合衆国 ■ポンティフィシアカトリック大学|ペルーインターネットの普及によりグローバル化が進んでいる現代に必要なことの1つとして語学力の向上が挙げられます。普段は工学の分野で電気電子分野を学んでいますが、それ以外の何らかのスキルや武器が必要と感じ、語学力向上を目的に今回のプログラムに参加しました。先生の言葉で印象に残っていることは「間違えてもいいから、とにかくアウトプットする私がこの企画に応募した1番の理由は、海外で生活してみたいという思いです。また、そういった体験を1年生のうちにすることでこれからの学生生活に生かせると考えました。スリランカには、日本にはない病気などもあり不安も多くありましたが、思い切って挑戦して本当に良かったと思います。 英語もあまり通じない、日本人もいないと海外語学研修国際インターンシップ前出 歩希|工学部電気電子工学科3年オーストラリア サザンクロス大学へ北村 綾乃|地域デザイン科学部建築都市デザイン学科1年スリランカへことが大事。ミスを恐れてはいけない」という言葉です。日本人はミスを恐れる傾向があり私もそれに当てはまっていましたが、その言葉に救われとにかくアウトプットを心掛けました。その結果2週間という短い期間でも頻繁に使う定型文は喋れるようになりました。また自分で発音できるものは不思議と聞き取る事も可能になり、滞在初期に聞き取れなかった言葉でも少しずつ聞き取れるようになりました。また異文化を体感できたことも良かったです。当たり前であった事がそうではなくなる感覚は不思議で、それと同時に狭い世界で生きていた事を実感しました。このプログラムへの参加を機に、もっと英語を喋れる様になりたい、様々な文化を体感したいと感じ、今も日々勉強しています。将来工学の分野でグローバル化に適した人材になるためにこれからもミスを恐れず頑張り続けたいと思います!いう環境で3日間過ごしたこともありました。しかし、慣れない場所で緊張する私たちのために素敵な景色が見える場所へ連れて行ってくれたり、ご馳走を準備してくれたり、いろんな配慮をしてくれて、心から歓迎してくれました。言葉が通じなくても、あたたかい気持ちがひしひしと伝わってきました。そういった体験はなかなかできるものではないし、私自身それによって成長したと感じます。言葉の壁を乗り越えて仲良くなった人たちは、私にとってかけがえのない存在になり、また、スリランカで働く日本の方々の姿から学ぶことも多くありました。このプログラムでは出会う全ての人から刺激をもらい、私ももっと成長したいと強く感じました。今回の経験は、これからも私の大きな原動力になると思います。大学間での学生交流の協定校 38学部/大学院を主とした学生交流の協定校 282020年12月1日現在2020年12月1日現在スリランカで!北村 綾乃オーストラリアで!前出 歩希IN SRILANKAIN AUSTRALIA23Exploring the world

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る