宇都宮大学 入学案内 2022
22/118

私がチューターとなったのは、自身が留学していたカンボジアの大学にはチューター制度がなく、いつも友達に助けてもらっていたという経験があったからです。留学当初は、買い物に行くにしても現地語がわからないため、全て知り合ったばかりの友人に手伝ってもらっていました。そこで現地の友達のありがたさを実感したことで、帰国後、自分も受け入れ側のチューターとして活動をすることに決めました。チューターの業務内容ですが、主に書類作成の手伝いや、日本語学習の補助等を行っています。チューターをしていると外国人の視点から日本を見るよい機会になり、また、留学生と深く関わることができるという点で、私にとってもこの制度は貴重なものであると感じています。留学生同士や日本人学生との交流を促進するためのイベントを企画したり、留学を考えている学生の相談にのるなど、学生目線で国際交流を手助けする活動をしています。『外国人の友達を沢山作りたい!』ということが、私がアドバイザー活動に参加した大きな理由です。日本にいながら、沢山の異文化や異言語に触れる事ができます。この活動をする上で嬉しい瞬間は、パーティーをしている時に、日本人学生と留学生が楽しそうに会話している場面を見ることです。日本人の友達を多く作りたい留学生と、留学生と関わりたい日本人学生に絶好の機会を提供出来ていると実感します。その際にはわかりやすい日本語や英語ネイティブの言い回しを使って、お互いの言語や文化を紹介しあっていて、これが、日常生活で外国の方と関わる際の自信にも繋がっています。堅苦しくない雰囲気で留学生と関われることが、アドバイザーの魅力です。留学生に対し、宇都宮大学の学生が一対一でチューターとなり、来日直後の生活案内をはじめ、授業科目の履修についてのアドバイスや日本語学習、研究の支援等を行っています。小畑 晋吾|国際学部国際社会学科4年キャンパスを行き交う学生の約20人に1人が留学生です。国境や言葉の壁を越えて、キャンパスで語りあい、笑いあい、一生ものの友情を築こう。世界から宇都宮大学へ!キャンパスで国際交流松塚 史郁|国際学部国際学科2年アドバイザー代表:写真2列目右から3番目小畑さんがサポートしているカンボジアからの留学生、アムラさんからのコメントです。Hi, my name is OUM Amra. I come from Cambodia. What made me pursue my higher education in Japan is because of some reasons. Firstly, people’s morality got my attention. I really love the way Japanese people respectful and helpful without hesitated no matter where I am from. Secondly, it’s about doing research. I’m really interested in a field of research and Japanese people strongly focus on it. Especially, Utsunomiya University is really popular in the eld of Agriculture as well as economics. Last but not least, Japan is one of the most powerful countries in Asia and the world. After graduating from Utsunomiya University, I will contribute all of knowledge and experience that I learn from here to my country. InternationalcampusCenter for International Exchange|峰キャンパス| 留学生・国際交流センター海外留学を希望する学生や、外国人留学生への助言や支援を行い、さまざまな情報を発信しています。センター内には、学生が自由に使える「グローバルコモンズ」が設けられ、学生同士で日本語や外国語を教えあうなどの交流の場となっています。45留学生アドバイザーチューター制度innovation ×global ×localUU.Advantage特集2留学生アドバイザー主催のハロウィーンパーティ

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る