宇都宮大学 入学案内 2022
24/118

大学と外の社会と。行き来しながら深める学び地域デザイン科学部では、3年次に3学科の学生が合同で取組む「地域プロジェクト演習」を進めています。1年をかけてじっくりと地域に入り、地域の人たちと地域の「これから」を考える取組みを紹介します。地域に飛び込み、ともに未来の一歩 地域デザインセンターCRD|Center for Regional Design地域社会を持続可能で暮らしやすい場所にするため、地域と連携した教育と研究に対する支援およびコーディネートを行い、地域と大学を繋いでいます。主な取り組みとして、地域対応力養成科目等の教育実施支援、地域的な課題に関する共同研究の促進、地域課題解決を目的とする地域実践の促進・支援を行っています。高校生活では、自分が暮らす地域社会に目を向けるきっかけや地域の人と交わる機会はあまり無いかもしれませんが、地域社会は、とても学ぶことが多いフィールドでもあります。コミュニティデザイン学科、建築都市デザイン学科、社会基盤デザイン学科の3学科からなる地域デザイン科学部では、1年次から地域に出て学ぶ授業科目がそれぞれに用意されています。3年次では、3学科が混成で5、6人のグループとなり、県内諸地域の課題に主体性をもって参加するフィールドワーク型の必修授業「地域プロジェクト演習」に取組みます。2019年度の地域プロジェクト演習では、栃木県と県内の14の市町をフィールドにして、28のグループがそれぞれのテーマで自治体の担当部署や地域のNPOなどの諸団体と協働しinnovation ×global ×localUU.Advantage特集21|陽東キャンパス|

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る