宇都宮大学 入学案内 2022
30/118

3C精神は、自らのビジョンに向かって「Challenge」=主体的に挑戦するC、「Change」=自らを変えるC、「Contribution」=広く社会に貢献するC、宇都宮大学が大切にする宇大スピリットです。大学では、アクティブラーニング形式の授業やプロジェクト型の演習を通して、知識と実践を融合する学びを重視しています。課題解決に向けて、さまざまな知識を統合し、それを行動につなげる「行動的知性」を磨きましょう。宇都宮大学 学びの全体像アクティブラーニングで能動的に学ぶ宇都宮大学ではすべての授業科目にアクティブラーニングの手法を導入しています。基盤教育のアクティブラーニングでは特に、学生自身が自らの問題意識に沿って課題を見つけ、課題解決のために能動的な学修を進めることに重点が置かれています。こうしたアクティブラーニングを通じて、大学4年間の学びにおいて不可欠となる学修方法や、明確な問題意識を持ちながら能動的に学修を進めていく姿勢を身につけることをめざします。ラーニング・コモンズは、学生同士の能動的な学び合いのための学修空間です。グループワークに適した机やホワイトボード、ICT機器などがあり、必要に応じて教職員や学生スタッフの支援を受けることもできます。ラーニング・コモンズで多様な仲間たちと学び合い、互いに刺激を受けることで、自らの新たな可能性を発見できるはずです。ラーニング・コモンズは、学生による「本気の学び」の伴走者として皆さんをサポートします。→ラーニング・コモンズ詳細はP84を。アクティブラーニングラーニング・コモンズ教員学生知識の獲得と能動的活動の循環ラーニング・コモンズの活用能動的学修課題解決知識の構築最新の知課題の設定フィードバック3C精神と 行動的知性能動的な学びを育む手法と学びの環境Active LearningLearning commons

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る