宇都宮大学 入学案内 2022
35/118

Utsunomiya University | Guide Book 202223宇都宮大学ならではの教育や活動の特色3年生の先輩からキミへ4年生の先輩からキミへMESSAGE from STUDENTMESSAGE from STUDENTReal Voice専門科目はすべてアクティブラーニング学部共通の教育プログラムが充実地域と連携する地域プロジェクト演習地域デザイン科学部は、地域の持続的な発展に関する教育・研究・地域貢献を推進することによって、豊かな生活の実現に貢献することを理念としています。今、私たちの身近にある「地域」には多くの新しい課題があります。これに対して、課題発見・分析・解決策の提案まで、分野を超え、多様な主体の協働を支える知識・技術が求められています。本学部では、各地域の資源や特性を活かしながら多くの新しい課題を解決し、21世紀の地域社会を持続可能で豊かにするために必要な教育・研究・地域貢献に取り組みます。学生は“まちづくり”を支える専門職へ向けて、多様な分野を横断した“まちづくり”に関わる幅広い知識と専門技術を文理融合のカリキュラムを通じて総合的に学ぶことにより、“地域デザインの実践力”を身につけます。地域デザインの実践力のある“まちづくりのプロ”が育ちます受け身で知識を得るだけでなく、学生自身が考えて地域をデザインする力を養うように、アクティブラーニングを豊富に導入しています。学びを深めるとともに、主体的・能動的な学びを強化し、コミュニケーション能力や応用力を高めていきます。まちづくりのプロフェッショナルには、地域と向き合う力、地域の実態を調査し分析する力、地域の課題を解決する力、すなわち「地域対応力」が求められます。そうした力を全員が身につけられるように、例えば「地域デザイン訪問」など専門領域を越えた学部共通のさまざまな教育プログラムを実施していきます。「地域プロジェクト演習」(3年次・必修)は、地方自治体、民間企業などと連携し、全学科を横断した学生チームが栃木県内の地域デザインを実践。コミュニケーション力、調査・分析力、プレゼンテーション力、そしてチームで動く協働力を養成します。自らの経験に加え、幅広い分野を学ぶことで新たな視点を見つけることができます。多角的な視点を養い、建築に活かしましょう。時間の管理が大学生活のポイントです。わたしは大学生であると同時に、アマチュアの自転車競技の選手として活動しています。それは今の大学生という立場だからこそできることであり、バイトも含めて全力でやっています。学科では幅広い分野を学ぶので、一見自転車競技と学問は無縁かと思われるものにも接点を見出すことができ、楽しく学べています。勉強することはもちろん大切ですが、大学生だからできることも多くあるので、そうしたことに全力で取り組んで、より良い大学生活を過ごしましょう!地域デザイン科学部では三学科合同でグループワークを行う機会が多く、他学科からの意見に触れられるので物事を複眼的に捉える力が身に付きます。学科では意匠・環境・構造・材料など建築に関する基礎を幅広く学びます。デザインに自信がなくても自分が活躍できる分野がきっと見つかります。設計課題やレポートで忙しい時期もありますが、大学での時間の使い方は自分の裁量次第だと思います。学ぶ時間、遊ぶ時間のメリハリをつけて有意義な学生生活を送ってください!コミュニティデザイン学科3年栃木県 作新学院高等学校 出身建築都市デザイン学科4年栃木県立さくら清修高等学校 出身宇賀持 凌古謝 正太朗1学部の教育・研究方針文理融合の教育で地域デザインの実践力が身につきます地域デザイン科学部

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る