宇都宮大学 入学案内 2022
41/118

Utsunomiya University | Guide Book 2022マネジメント研究室では、持続可能な開発目標(SDGs)の⑥水・衛生、⑦エネルギ ー、⑧成長・雇用、⑪都市、⑬気候変動に着目し、上水の配水システムや電力・エネルギーの開発可能性、地方企業の海外進出、防災マネジメントなどに関する研究を国内外で実施しています。本研究室の学生は、国内外でフィールド調査、アンケートやヒアリング調査、屋外実験など学外でも積極的に研究活動を行い、その調査結果を評価分析しています。インドネシアのパジャジャラン大学やトリサクティ大学と学生交流や学術交流を進めています。また、地域の防災教育や防災訓練の活動にも参加しています。毎週開催するゼミで、学生は研究成果を発表し、教員と学生で意見交換をします。●卒業論文の例・水道管内の堆積物および付着物が水質に及ぼす影響・雪山登山引率者の状況判断力向上を目指した演習の提案・インドネシア国・西ジャワ州農村部の水利用に関する実態と住民意識土木工学の力学系科目である「構造力学」、「コンクリート工学」、「水理学」、「土質力学」は2年生の講義で学び、理論を元にした基礎的な知識を身につけます。3年生で受講するこの「土木工学実験」では、現象を実際に目で見て、特性や応答を手で触れたり、機器を動かして測定したりしながら実現象と基礎的知識を絡めて、さらに理解を深めてもらうとともに、社会に出てからの実務でも通用する試験手法・計測手法・データ解析方法についても学びます。また、実験はグループで協働して進めていきます。グループ内でのコミュニケーション・ディスカッション、議論した内容を客観的に整理してレポートにまとめる、スケジュール管理と作業の自主的な実施と効率化などができるようになることもこの授業の重要な目標としています。講義で学んだ知識を応用し、土木工学=実学としての理解を深める4年生から始まるゼミ紹介SEMINAR研究室名  マネジメント研究室担当授業名 国際開発マネジメントI・II・演習、     防災マネジメントI・II・演習など山岡 暁 教授近藤 伸也 准教授王 玲玲 助教土木工学実験[構造分野]藤倉 修一 准教授、タイ ウィサル 助教[材料分野]丸岡 正知 准教授 [水理分野]飯村 耕介 助教[土質分野]海野 寿康 准教授授業クローズ UP!● 進路状況● 産業別就職状況  (41名)(28名)卒業後の進路就職28(68%)情報通信業運輸・郵便業その他1(4%)1(4%)1(3%)進学12(29%)製造業建設業サービス業公務員1(4%)3(10%)11(39%)11(39%)鹿島建設、清水建設、大林組、五洋建設、前田建設工業、ピーエス三菱、横河ブリッジ、建設技術研究所、 八千代エンジニヤリング、長大、いであ、応用地質、太平洋セメント、JR東日本、JR東海、NEXCO東日本、首都高速道路、国土交通省、都庁、県庁、市役所● 産業別就職状況(14名)● 主な就職先2020年度卒業者の就職状況(学部卒業生:41名/就職希望者:28名/就職者:28名)(大学院博士前期課程修了生:14名)地域デザイン科学部製造業1(7%)建設業6(43%)運輸・郵便業1(7%)サービス業※6(43%)※本学科では、 建設コンサルタントを指す

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る