宇都宮大学 入学案内 2022
55/118

Utsunomiya University | Guide Book 2022家庭科は共生時代の担い手を育む場である「家庭生活」を具体的な実践を通して、その質を高めるための素養を身につける総合科目です。本授業では、衣生活に関する講義である衣生活論や被服素材論などで得た知識をベースにして、繊維から糸・布・製品への「ものづくり」のプロセスを実験的に再現しながら、家庭科の授業で実験的要素を取り入れる実践力を身に付けることを目的としています。具体的には、地域の文化である真岡木綿を題材に、綿の栽培・収穫から綿繊維の特徴把握、繊維集合体である糸・布への加工実習、染色実験等を行っています。私たちに最も身近で欠かすことができない衣服を科学的に理解することから、衣服と生活、環境との関連などに関心をもってもらいたいと考えています。3年生から始まるゼミ紹介器楽の実技を軸に、レパートリーの拡充、他者との共存・共有・連携を探究しています管・弦・打楽器は基本的に単音楽器であるため、演奏は他者との共有が必要となります。学生が音楽教員として自立するためには独奏曲の演奏研究も重要ですが、アンサンブルを通じた他者との共存・共有体験は音楽教育の上で不可欠な要素であると考えています。研究室のゼミでは、合奏形態(オーケストラ、吹奏楽等)における楽器の役割を確認し、それらがもたらす効果について探究しています。この学びが、教育現場においての役割や他者との連携、コミュニケーションの必要性への理解につながるよう、指導しています。SEMINAR研究室名  髙島 章悟研究室担当授業名 音楽研究セミナーI、II、合奏I、II、III、管打合奏演習、       室内楽(一)、指揮法、器楽B、ソルフェージュ、小学校音楽A髙島 章悟 准教授芸術・生活・健康系各分野に多様な教科専門科目を開講知識・理解を深め、専門的技能を習得芸術・生活・健康系は、音楽・美術・保健体育・家政の4分野があり、小学校教員としての資質・能力の獲得、中学校における各教科の指導基盤となる学問・技能の学修・研究を行います。各分野に多様な教科専門科目が開講されており、知識・理解を深めるとともに実技指導に必要な技能を習得します。[音楽分野]音楽を専門とする教育者としての幅広い知識・教養・能力を身に付けることを理念とし、全ての領域の科目を学びます。[美術分野]美術全般の基礎的素養と美術教育の専門能力の育成を目指し、実技と理論の体系的教育を行います。[保健体育分野]学校教育における保健体育やスポーツ教育に携わる優秀な人材の育成を目指し、時勢に応じた理論と実践の体系的な教育を行います。[家政分野]生活科学に関する基礎的素養と家庭科教育の専門的力量の育成を目指し、生活者の視点でものごとを捉えるという観点から多面的な教育を行います。家庭科での実践的力量を身に付ける衣生活環境実験佐々木 和也 教授授業クローズ UP!共同教育学部CooperativeFaculty ofEducation

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る