宇都宮大学 入学案内 2022
66/118

1年次2年次3年次4年次●卒業研究研究室配属●農業と環境の科学●生物資源の科学●コア実習●生物学(概論) ●生物化学 ●生物科学実験 ●分析化学 ●遺伝子工学 ●生物学(細胞) ●基礎分子生物学 ●基礎化学I, II  ●分子生物学実験 ●植物生産学概論 ●遺伝・育種学 ●農業微生物学 ●熱帯農学●動物生産学概論 ●植物保護学 ●アグリバイオサイエンス実験I, II基盤教育科目●新入生ガイダンス幅広い教養と農学の基礎を学びますバイオサイエンス(生物科学)の基礎を学びます生物資源科学の基礎を学びます生物資源科学科の4年間専門科目生物資源科学科生物資源の持続的生産・管理および環境保全を目指す農業とは、食料をはじめ、人が生きて行くために必要な様々な生活資材となる「生物資源」を生産する業と言えます。生物資源科学科では、まさにその生物資源の持続的生産を達成する教育と研究を行なっています。生物学および化学を基礎として、多様な生物資源の特質を分子から個体、集団のレベルで究明し、動物・植物・昆虫・微生物の機能解明とその応用技術を身につける教育を行なっています。また、地域および世界レベルにおいて、それらの生物資源を適切に管理し、持続的な生産と環境の保全の両立に役立つ理論と実践力にかかわる教育も行なっています。講義だけでなくフィールド実習や実験を通して、現場に役立つ知識、分析能力、情報処理能力を身につけたジェネラリストを養成します。さらに卒業論文の研究において、より専門的な知識を礎に、自ら問題意識を持ち、それを解決する道筋を考えることを通して創造性を身につけたスペシャリストの素養も身につけることを目標とします。専門導入科目(学部共通):農業と環境の科学、生物資源の科学、農学部コア実習必修科目:生物学(概論)、生物学(細胞)、植物生産学概論、動物生産学概論、遺伝子工学、農業生産環境学、遺伝・育種学、生物科学実験 など選択科目:作物学、家畜生産学、園芸学、基礎土壌学、植物病理学、熱帯農学、動物行動学、総合的害虫管理学、フィールド実習 など● 高等学校教諭一種免許状(農業)資格・免許School of Agriculture専門教育科目●農業生産環境学 ●土壌環境微生物学 ●展示動物学●地質学概論  ●動物行動学 ●動物衛生学 ●基礎土壌学 ●雑草学 ●飼料学●層位学 ●昆虫生態学 ●造園学 ●フィールド実習III●植物生理学 ●動物生理学 ●分子生命科学I, II ●植物病理学 ●植物病原菌学●動物機能形態学 ●生殖生物学 ●植物分子生理学 ●植物ウイルス学 ●代謝学●植物栄養学 ●ゲノム解析論 ●栄養機能調節学 ●分子昆虫学●作物学I, II ●農業バイテク利用論 ●作物品種改良論 ●肥料学 ●家畜生産学●園芸学 ●動物育種学 ●動物繁殖学 ●実験動物学 ●園芸作物学●フィールド実習I, II ●作物生産技術学 ●園芸生産技術学 ●総合的害虫管理学生物資源・生物生産環境を学びます生物機能を学びます生物生産技術を学びます専門教育科目●研究室見学4年かけて、生物資源の「基礎」を築き、その上に現場で活躍できる「専門」を積み上げて行きます●アグリバイオビジネス論●国際フィールド演習●インターンシップ●特別演習●特別研究

元のページ  ../index.html#66

このブックを見る