横浜市立大学 国際教養学部 学部ガイドブック 2022
9/12

3128・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・AO入試(現:総合型選抜)合格者として受験生に自分の経験を発表しました! 絶対に忘れ物をしないということが1番のメリットです。 多いです。正解を答える課題よりも自分で考える正解のない課題が多いです。デジフォトサークルで撮ってもらいました!家なので集中を保つのは難しいですが、授業終了後に先生へ質問がしやすいのがいいですね。 授業が同じだった人に自分から積極的に声をかけて、オンラインで集まりました。鳥取県立鳥取西高等学校卒国際教養学部 国際教養学科3年澤田 海宏さん横浜市立大学国際教養学部の魅力とは何だと思いますか? 都市学系に進んで感じたのは、やはりフィールドワークの多さです。ゼミでも3週連続で学外での活動が入っています。その分前後のデスクワークは大変な部分もありますが、「まちに関わっている」という実感を得ながら勉強できるところが魅力だと思います。なぜAO入試(現:総合型選抜)を受験したのですか? まず幼少期から都市への興味を持っており、まちづくりの専門家になりたいという将来設計がある程度固まっていたからです。そして中学・高校時代に都市に関する研究を行ってきた経験を活かすチャンスだと思いました。主な履修科目1.総合講義「まちづくり学入門」2.心理学入門3.基礎ゼミしていますか? 都市学系へ進むことを決めていたため、前期PE取得後は初習外国語を履修せず、総合講義の履修を優先しました。前期は総合講義を中心に後の専門分野につながる講義を選択、後期は専門から遠い分野の基礎科学講義も履修。一方で基礎ゼミ等を通して専門分野への理解が深まり、この経験がゼミ選択に役立ちました。 都市解析ゼミに所属し、専門科目を中心に履修。ゼミ専門分野に近いものの他、都市に対して自分がアプローチしたい視点を扱う科目を優先して選択しました。また海外の連携校の学生と共同で行うプログラム「Sustainable Urban Development」を履修し、国際的視野を広げました。横浜市立大学国際教養学部を選んだ理由は? 都市計画・まちづくりを専門的かつ学際的に学べる際的に学に学べべるからです。また、中学・高校時代の研究で私が特に重で私が重が特に重に重要視していたフィールドワークがあるのも魅力でした。でした。AO受験(現:総合型選抜)のたのたたための受験対策やアドバイスは?スは???? 将来的に都市計画・まちづくりをどういうアプローチで研究したいかは時間をかけて考えました。そのため、時間的に綱渡りのような出願・受験となってしまったので、時間には余裕を持って取り組んだ方が良いと思います。主な履修科目1.プレゼミ/演習Ⅰ、都市解析2.都市計画論3.集中講義 「Sustainable Urban Development」どのような内容でした?    今年度はどれくらい    大学に来れていますか? 週1くらいで通学しています。対面のありがたさが身に染みてます。力でし主な履修科目1.都市課題実習Ⅱ2.地域課題実習3.演習Ⅱ、文化政策論 必修科目を中心に実習系科目を増やしました。ゼミでは昨年度思うように出来なかった分、活動が本格化。2・3年生共同でのプロジェクトも開始しました。フィールドワークやプレゼンテーションの回数も増えて、「学習」から「研究」への移行を実感。一方で地域課題実習では、より視野を広げられるプロジェクトを選択。ゼミでは個人での研究も行っており、これらの経験が卒論研究に繋がっていくと思います。ササーーククルルにに所所属属ししてていいまますす。。鉄鉄道道研研究究部部ととデデジジフフォォトト街街歩歩ききとと音音楽楽がが大大好好ききでですす。。 前期中は一度も登校できませんでした。後期になって週4回登校になりましたが最終的には全てオンライン授業になりました。 オンラインで画面をオンにした状態で行われたり、レポート提出に代わったりしました。 コロナが原因でなかなか採用されず苦労しました。 対面よりも周りから自分の顔が見えないので発言しやすいです。オンライン打ち合わせ(Zoom)での一枚!Q5試験はどのように行われましたか?Q9アルバイトは〜コロナ禍のキャンパスライフ〜Q1昨年度は大学にどれくらい登校しましたか?Q2オンライン授業って実際どうですか?Q6課題は多い?それはQ10Q3オンライン授業って理解できますか?集中できますか?Q7友達はどうやって作りましたか?Q4授業中の発言はいかがですか?Q8   サークルや部活は   入っていますか? ジャグリングサークルに入っています。申請を出して活動中ですがあまり参加できていません…1年2年3年パスライフ

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る