横浜市立大学 2023
64/96

62詳しくは医学部医学科 4年神奈川県 私立桐光学園高等学校卒湯川 直輝Naoki Yukawa小学生の頃から、将来は医師になる事が夢で、オープンキャンパス等で感じた学校の雰囲気にひかれて、YCUを志望しました。3年次では臨床医学、すなわち基礎医学の知識をベースに、様々な疾患の原因や治療方法など、実際の臨床に結びつく内容を中心に学んでいました。部活はゴルフ部で、部長として46人の部員をまとめています。大変ですが、医師に必要なチームワーク力やリーダーシップを磨く良い機会です。将来は県内の医療機関で臨床医として働く事が目標です。患者さんの気持ちに寄り添える医師になれるよう、仲間との触れ合いを通して得られた日々の気づきも大切にしながら学んでいきたいです。医学部医学科 3年東京都 私立桜蔭高等学校卒冬川 世奈Sena Fuyukawa海の見える環境に惹かれて、首都圏の数ある医学部の中からYCUを選びました。すがすがしい風景を前に、自由な発想で勉強に取り組めるこの環境はとても貴重です。2年次では解剖学から分子生物学まで幅広く、深く基礎医学を学び、実習で定着させる事ができました。YCUではこうした高度な学びと同時に、授業や部活動を通して、他の人と協力して物事を進める力など、医師になるにあたって重要な能力を身に付ける事ができます。医師になったらチーム医療を行う事になるので、よりよいチームリーダーを目指し、正確な知識をもとに協働し、多職種のメンバーの能力が最大限に活かせるような環境づくりをしていきたいと思っています。医学部医学科 2022年3月卒業東京都 私立攻玉社高等学校卒松山 晋一郎Shinichiro Matsuyama脳に興味を持った事がきっかけで医学部進学を決意し、実家から通えるYCUを選びました。4年次のリサーチ・クラークシップでは脳神経外科学教室で脳腫瘍に関する研究をさせていただきました。脳腫瘍にはさまざまなタイプがあるのですが、それをリアルタイムPCRという機械を用いて検証する本格的な研究に携わり、中身の濃い3カ月間を過ごしました。3月に大学を卒業し、今は独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センターで研修医として日々研鑽を重ねています。臨床は目の前の患者さんを救い、研究は未来の患者さんを助けます。臨床と研究、両方に長けた医師になれるよう、先輩医師の皆さんに教えを請い、成長したいと思います。 学生/卒業生の声キャンパス内での経験を活かして患者さんに寄り添える医師を目指す。海の見える自然の中で自由な発想を持ち仲間とチームで高め合える力を育てたい。研究室に所属して脳腫瘍を研究医学の最先端分野を学ぶ事ができた。

元のページ  ../index.html#64

このブックを見る