横浜市立大学 2023
67/96

7月8月9月10月医学部医学科65ラホヤ免疫アレルギー研究所(アメリカ)ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)ウェイン州立大学(アメリカ)スタンフォード大学(アメリカ)シンシナシティ小児病院(アメリカ)サンフォードバーナムプレビス医学研究所(アメリカ)MDアンダーソンがんセンター(アメリカ)ハワイ大学(アメリカ)カリフォルニア大学サンディエゴ校(アメリカ)コーネル大学(アメリカ)コロンビア大学(アメリカ)テンプル大学(アメリカ)Nemours小児病院(アメリカ)リーズ大学(イギリス)ニューカッスル大学(イギリス)※英国大学医学部パリ・デカルト大学(フランス)パリ公立病院連合(フランス)ストラスプール大学(フランス)ルーヴァン・カトリック大学(ベルギー)ミュンヘン大学(ドイツ)上海交通大学(中国)タマサート大学(タイ)シンガポール国立大学(シンガポール)東京都 私立青山学院高等部卒クリニカル・クラークシップ参加学生の声自分の立ち位置を客観的に把握し、今後の医学学修への指針を得られた。アメリカのNemours小児病院で実習をさせていただきました。各人の希望に応じ実習のスケジュールを組むため、自分の学びたい事を発信できる人にはお勧めの留学先です。アメリカならではの銃や薬物による小児救急医療や、“人種のるつぼ”と言われる故の患者背景を重視する問診・診察風景等を経験する事もできます。さらには■募集期間 ■選考 ■プログラム期間医学科では海外派遣プログラムの拡充を図り、多くの学生が海外経験を積めるよう、さまざまな取組みに力を入れています。世界でもトップクラスの研究所や医療機関において、研究や診療等、実践的な内容を含むプログラムに参加します。大学公式のプログラムでは、リサーチ・クラークシップ(研究実習)やクリニカル・クラークシップ(臨床実習)等カリキュラムの一環として参加できる事も大きな特長です。リサーチ・クラークシップ募集期間選 考7月〜9月10月日本とは保険システムが全く異なり、改めて日本の医療の利点や問題点を考える良い機会となりました。実際に診察する機会もありましたが、自身の英語力不足を痛感し、引き続き語学の研鑽にも励み、世界を翔ける医療人になりたいと思います。2022■ Nemours小児病院(アメリカ合衆国)派遣期間:2020年3月クリニカル・クラークシップ募集期間選 考 ※新型コロナウイルス感染状況等によりプログラムのスケジュール変更・中止の可能性があります7月〜9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月2023短期プログラム募集期間選 考1月〜2月/3月2月〜4月医学部医学科 2021年3月卒業山田皓太Kota Yamadaプログラムリサーチ・クラークシップクリニカル・クラークシップブリティッシュコロンビア大学/Vancouver Summer Program短期海外研修プログラムハワイ大学/Summer Medical Education Instituteシンガポール国立大学シミュレーションセンター/Experiential Simulation Program海外派遣先スケジュール

元のページ  ../index.html#67

このブックを見る